たった1%!?カルシウムの働きとは

   

体内にあるカルシウムの99%は骨や歯に集中していますが
残り1%のカルシウムも大変重要です。




その働きとは、血液を弱アルカリ性に保ってくれ怪我で出血した時などは血液を凝固させてくれる働きもあります。

怪我女の子
運動選手は筋肉の伸び縮みについてもカルシウムが重要な働きを果たしています。

その働きとは、神経の指令を正しく伝達してくれるものです。

また、いくつかの酵素と結びつき刺激に反応した興奮を鎮めてくれる働きもあります。

反射神経

運動中の反応が鈍くなったりもっと早い反応を求めたりする時や
試合中に相手選手に対してやチームメイトに対してイライラしたり興奮してしまう時もカルシウムの事を思い出して欲しいですね。

イエローカードやレッドカードが多い選手は特に注意が必要かも。

 - カルシウムについて , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

カルシウムと腸の関係

快食・快眠・快便は、 健康のバロメーターと言われていますね。   なの …

視力回復とカルシウム

    眼に良い栄養素と言えば、 ブルーリーベリーのアントシ …

じんましんとカルシウムの関係

蕁麻疹も湿疹もアレルギー性の疾患ですが   抗ヒスタミン剤を使用しても …

日々のお料理に身長UPに必要なカルシウム入ってます!?

お子さんの身長は 伸びていますか? 子どもの身長は 一生のうちに大きく3回伸びま …

夏のミネラル不足に注意

  私たちの汗の中にはたくさんのミネラルが含まれています。 &nbsp …

髪とカルシウム

カルシウムは 骨や歯を作る栄養素というだけではなく 常に、私たちの血液の中を流れ …

カルシウムをきちんと摂れていますか?

食品に含まれるカルシウムの吸収率は低く、意識しなければ摂取しにくい栄養素です。ま …

どれくらい摂れてる?~秋の食べ物編~

日頃食べている食べ物には どれくらいのカルシウムが含まれているのでしょうか? & …

喘息の季節とカルシウム

  喘息で一番多いのは風邪や扁桃腺などに併発する場合ですが、 とくに、 …

日焼けしやすい肌とカルシウム

  1982年 アメリカ生理学雑誌に 「表皮はパワフルな電池である」 …

ページトップに戻る