スポーツが成長に及ぼす影響

      2018/03/16

スポーツ活動を行うことで骨量や筋量の成長が促されるという学術的な報告は多々あります。

 

近代、スポーツ選手の体格は重要視され 身長格差によるレギュラー・非レギュラーという報告もある。

そんな中で、特に身長は成長後のトレーニングによって大きく変えることが出来ない要素と考えられるが、
一方体重は 体重を構成する筋量は筋肉トレーニングによって増加させることは可能とされています。

 

さて、身長は、下肢(股関節から下の部分)・骨盤・脊椎の骨の長さの合計量ですのでやはり全身運動がおススメです。

また、運動は成長ホルモンを中心とした成長因子の分泌が活発になることも多く知られています。 

「身長を高くしたい」と思っているお子さんは、運動を忘れてはいけません。

体格の差が勝敗や記録に影響しやすい陸上競技

短距離種目では、小学生の大会では早熟な子が好成績を収めることがよくありますが、その後 中・高校生になるにしたがって勝てなくなり 晩熟の子が成績を伸ばすこともあります。

早熟なお子さんは、過信することなく継続的に身長UPを目指してください。

個人差もありますが、下肢の成長限界年齢は、足部(~21才)・スネ(~20才)・大腿骨(~18才)・骨盤(~20才)と長期にわたり伸びています。晩熟のお子さんも諦めることなく、適度な運動・睡眠&マゼカルをお続けください。

 

=骨は寝ているときに伸びる=

骨は、日中に受けた衝撃に刺激され夜間寝ている間に伸びていきます。

ここで、注意が必要なのが 睡眠時間ではなく就寝時間なのです。

長時間睡眠よりも成長ホルモン分泌時間に寝ていることの方が大切です。

幼児~児童期は、21:00 中高生22:00にはおやすみいただくことをおススメします。

朝どんなに早く起きても身長には影響しませんのでご心配なく。

 

身長相談がきっかけで!・・こんなに
https://kokaken.com/product-service/counseling/post-2032/

 - 身長雑学 ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

no image
本当に牛乳は身長を伸ばすのか?

こんな記事を目にしました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ …

未来の「なでしこ」は、身長作りも大切。

ワールドカップやオリンピックで活躍する若きなでしこ軍団。 彼女たちの身長・体重を …

日々のお料理に身長UPに必要なカルシウム入ってます!?

お子さんの身長は 伸びていますか? 子どもの身長は 一生のうちに大きく3回伸びま …

シュートの確立と身長の関係とは?

某大学リーグのデータをもとに、 ・フリースロー ・スリーポイントシュート ・ツー …

カルシウム吸収を助けてくれる食べ物とは!?

身長UPカウンセラーは、食べ合わせによる摂取効果にも注目しています。 体は、食べ …

no image
豚肉のカルシウム炒め。成長期のお子さんにはオススメレシピ!

忙しいママをお助け。ご飯が進む成長期ガッツ系おかずです。 材料&手間の少ない、ご …

楽な姿勢の落とし穴

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

激しい運動によるカルシウム消耗

激しい運動をして大量に汗をかいていると、骨密度が低くなります。 汗と一緒にカルシ …

有名水泳コーチのまなざしは・・・・・・。

ジュニアオリンピックは有望な選手の発掘や育成を目的に年に2回開催されている 競技 …

ポパイの晩年に注目!

ポパイって筋肉モリモリのイメージですよね。 実は、晩年骨粗鬆症だったそうですよ。 …

ページトップに戻る