冬は、骨折シーズンです。

      2018/07/22

知っていましたか?
冬の季節は骨折が多い時期なんです。

その中で、外傷がなくわかりづらいのが「疲労骨折」
疲労骨折とは、
1回の大きな外傷でおこる通常の骨折とは異なり、骨の同じ部位に繰り返し加わる小さな力によって、骨にひびがはいったり、ひびが進んで完全な骨折に至った状態をいいます。
丈夫な針金でも繰り返し折り曲げ続けると折損してしまうのと似ていますよね。

スポーツ選手では短期的に集中的なトレーニングを行ったときに生じることが多いのも特徴です。
特に、注意が必要なのが 「中学生」

人生最後の成長期でカルシウムが奪われる時期にも関わらず、普段の食べ物だけではカルシウム不足。
それに体は、軟骨から骨に移行する途中の成長段階ですので、過度に掛かった応力を骨が支えきれなくなる。
特に、スポーツ選手では短期間に集中的なトレーニングを行ったときに生じることが多いのです。
○選手側の要因としては、筋力不足、アンバランスな筋力、未熟な技術、体の柔軟性不足。
○指導者側の要因としては、オーバートレーニング、選手の体力や技術に合わない練習。
○練習環境の要因としては、足の変形、不適切なシューズ、練習場が固すぎたり、柔らかすぎるなどが考えられます。

中心選手になればなるほど、本格的な部活動で練習量が増えてくると骨疲労が貯まり、じわりじわりと骨に負担を掛け、ある日「ポッキリ」。
そうなると、90日は練習が出来なくなります。特にギブスが好きな病院に行くとそこからリハビリなんてことも……。
選手生命を輝かすためには、日頃からの予防が必要です。
未来のアスリートを目指してご家族で頑張っている人を紹介します。
http://shop.kokaken.jp/voice/mazecal.html

成長期の骨折は大きなダメージを子どもの身体に残します。
身長が伸びる時期に身体を癒すことにエネルギーを使いますので他の子より低身長になったり
足の場合はギブスをしている足だけ成長せず、脚長差(左右の脚の長さが違ってくる状態)が生じたり…

子どもを守るのは大人しかいません。
骨折後のケアも非常に大事ですが、まずは骨折をしない身体を作ってあげましょう!!

・うちの子、細いけど骨折しないかしら…
・うちのご飯でしっかりカルシウムは摂れているかな?
・子どもが骨折し、成長が心配…

そんなお悩みは
一度ご相談いただければもう心配はいりませんよ!
専属栄養士と一緒にわが子の身体と未来を守りましょう!

 - 身長雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

有名水泳コーチのまなざしは・・・・・・。

ジュニアオリンピックは有望な選手の発掘や育成を目的に年に2回開催されている 競技 …

寒い国?暑い国?身長が伸びるのはどっち?

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

「子どもの寝室」どっちが身長が伸びる?

「寝る子は育つ」 というように、 子どもの成長と睡眠の関係性は深いものがあります …

「サーカスの象と制限」

サーカスを見に行った時に、あの巨大な象が小さな木の杭につながれて、静かに立ってい …

日本代表新監督ハリルホジッチ氏就任。その前に!

サッカーファンならだれでもあこがれる全日本選手。   日本代表新監督ハリルホジッ …

U-18野球日本代表メンバーの身長って?

高校球児のあこがれは、甲子園と日本代表メンバー入り。2015年U-18野球日本代 …

no image
牛乳は完全栄養食品だと、信じて疑わない人たちの為に!

牛乳は完全栄養食品だ、というデマは、どういうわけか深く浸透し、それを信じて疑わな …

シュートの確立と身長の関係とは?

某大学リーグのデータをもとに、 ・フリースロー ・スリーポイントシュート ・ツー …

no image
プロテインが身長を低くする。

最近、部活やクラブチームで監督やコーチから「プロテイン」を飲むように指導され 早 …

# 睡眠を考える 講演の一コマから

最近の講演会では、子どもの睡眠時間について話もさせてもらっています。 24時間ス …

ページトップに戻る