乳幼児・幼児期の栄養と食事のポイント

      2018/01/13

赤ちゃん

●乳幼児期

生まれて約1年を乳幼児期といいます。

 

身体や生理代謝の発達・成長が著しく体重は、3倍・身長は1.5倍にもなります。

 

生後半年頃から母乳だけでは、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどが不足するので、離乳食を開始します。

しかし、消化器官が未発達ですので消化吸収しやすいものでカルシウム・タンパク質・ビタミンを補給しましょう。

 

 

 

幼児

●幼児期

5~6歳まで著しい成長が続きますので、身体の成分材料であるタンパク質・ビタミンA・B群、骨の発育に必要なカルシウム、血液を作る鉄などの栄養素をしっかり摂ることが必要になります。

 

 1日3回の食事だけで必要な栄養素を全て摂ろうとすると消火器に負担をかけることになるため、間食を1~2回加えて量を調整していきましょう。

 

この時期は、空腹感を体験させ、「何でも美味しい」と感じさせる事も重要です。

少食で、野菜嫌い、背(身長)が伸びない!どうしたらいいの??

今の身長習慣を見直してみたい方は

子どもの体格向上プロジェクト

↑↑↑
今すぐご相談ください。

 - 4才~5才にかけての成長ポイント, 6才~7才にかけての成長ポイント, 7才~8才にかけての成長のポイント, 8才~9才にかけての成長のポイント , , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

4才~5才にかけての成長のポイント

この時期のお子さまは身の回りのこともある程度できるようになり、友だちと遊んだり会 …

身長を伸ばしたい幼児のお母さんへ

伸長期は、一生の内3回訪れると言われています。 ですから、このタイミングを上手く …

運動と身長の関係とは!?

適度な運動は、子どもの身長増加には欠かせません。   運動不足の状態で …

身長とストレスの関係

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

骨に好影響を与える生活・食習慣とは!?

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

クックパッドで見つけた!

9才、6才の子供の背が低いのが気になりカルシウムが取れる料理をクックパッドで検索 …

初潮コントロールは、○○○○で!

モデル体型になりたいと切望している女の子は多いと思います。 一説では、国内モデル …

楽な姿勢の落とし穴

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

ページトップに戻る